トップ > ジャーナル > ストーン > 4月誕生石・ダイヤモンド

April Birthstone 4月誕生石・ダイヤモンド

Diamond
ダイヤモンド
ダイヤモンドの石言葉は「清純、無垢」
遠の絆を守るダイヤモンド。古くから宝石の王者として扱われ恋愛・仕事面、全ての願いが叶うとされています。
上質な輝きを放ち、心を満たしてくれるダイヤモンド。
大人の女性なら、だれもがひとつは欲しいと思うダイヤモンドジュエリー。

ダイヤモンドの語源・由来

ダイヤモンドの語源は「adamas(アダマス)」というギリシャ語です。語源となるこの言葉には、征服しがたいとか何よりも強いといった意味があります。
ダイヤモンドは自然界で最も硬い物質で、その強さから「adamas(アダマス)」が語源になったと考えられます。
和名では金剛石と呼ばれており、純潔や永遠の絆というような宝石言葉もあります。

最初にダイヤモンドが発見されたのは、インドの河川でした。
ダイヤモンドの原石はあまりに硬いため研磨および加工をすることができず、美しい輝きを秘めていることを人々に知られることはほとんどありませんでした。
紀元前の王朝で宰相を務めた人物が記した古代インドの学術書「アルタシャーストラ」には、ダイヤモンドは神秘的な宝石だと記載されています。古代の人々はダイヤモンドに強い魔力がやどっていると考えていたのです。
ダイヤモンドは女性の身を飾る美しいジュエリーではなく、強い力が込められたお守りとして扱われていたようです。

ダイヤモンドの特徴

ダイヤモンドが宝石の王様といわれ、多くの人を魅了するのは、その特徴にあります。
ダイヤモンドは無色透明がいいとされています。鉱物は地中でさまざまな力や影響を受けて生成しますが、その過程で内包物と呼ばれる不純物が石の中にできてしまいます。
この不純物が多いほど宝石としての価値が下がってしまうのです。
特にダイヤモンドのように透明性を求められる石は、内包物が少ない石は非常に少ないため希少性があります。さらに鉱物の中では硬いことも特徴として挙げられます。

そして何よりもダイヤモンドが人々を魅了するのは、その輝きでしょう。ダイヤモンドは他の宝石と違って「無色」のものが高級とされています。ルビーやエメラルドは石によって色が微妙に異なり、それが魅力でもあるのですが、ダイヤモンドは無色で透明なものが良しとされます。それは光の反射が美しい輝きを生み出すからです。いわば「輝きを楽しむ宝石」と言ってもいいでしょう。

ダイヤモンドに込められた意味

ダイヤモンドは永遠に美しく輝きを放つ宝石であることから、「輝くような美と金運に恵まれ、愛に満ちた家庭を築く」という意味が込められています。 そのため婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドを装飾することが多く、大切な方への贈り物として選ばれているのです。
二人の愛が永遠に続くことを願って、形としてダイヤモンドが結婚の証明として贈られる習慣がついたと考えられます。

結婚して60年目には、長寿と一族の繁栄を願って行われる「ダイヤモンド婚式」というお祝いがあります。近年は平均寿命が延びているものの、結婚60年目を夫婦そろって迎えられることは、限りない幸せといえるでしょう。

夫婦がこれからも変わらず、幸せに暮らしていくことと、家族の繁栄を祝うためにも、お互いがダイヤモンドのジュエリーを贈り合うダイヤモンド婚式でお祝いしてみてはいかがでしょうか。
誕生石TOPページへ戻る