トップ > ジャーナル > ストーン > 2月誕生石・アメジスト

February Birthstone 2月誕生石・アメジスト

Amethyst
アメジスト
アメジストの石言葉は「誠実、高貴」
愛の守護石と呼ばれ、真実の愛を深めてくれるアメジスト。古くから多くの人に
愛されています。日本では数ある水晶の中でも最も気高い色とされ、
女性としてのかくれた魅力を引き出してくれます。

アメジストの語源・由来

この世で一番美しい紫色といわれるアメジストの語源はギリシャ語で「アメテュストス」。 意味は“酒に酔わない”。 これはキリスト教的に考えると“人生に悪酔いしない”に置き換えられるそうです。 そのような理由もあり高貴な色を持つアメジストは特別な儀式などでパワーストーンとしても使われていました。

神秘的な紫色が目を引くアメジスト。紫は昔から高貴な色として知られ、霊的なパワーが強いと言われています。

そのためアメジストは宗教的な儀式などでもパワーが宿る宝石として使われていたと言われています。 またアメジストという名前の由来には、ギリシャ神話に基づいた次のようなエピソードが関係していると言われています。

その昔、アメジストという名の少女が、酒の神・バッカスの家来に食べられそうになった時、月の女神であるディアナはアメジストを水晶に変身させました。 それを見たバッカスは、水晶となったアメジストのあまりの美しさに己の行動を反省しました。 そして、「未来永劫、私の葡萄の実りはアメシストへの懺悔になろう」と言いながら水晶にワインをかけたところ、 無色透明だった水晶が紫色に変わり、アメシストができたと言われているのです。

語源であるギリシャ語のアメシストスは酒に酔わないという意味を持っているだけでなく人生の悪酔いから身を守ってくれるという言い伝えが残っています。

アメジストの特徴

アメジストは、神秘的で上品な雰囲気のある紫色の宝石で、そのカラーからも日本では紫水晶という和名がつけられています。
日本では紫色は最も気高い色とされており、古くは「冠位十二階」で最高位の色として使われているなど、特別な意味を持つ色。 中国では皇帝だけが身に付ける事を許された色とも言われています。

アメジストは水晶の変種の中でも高位に位置しており、希少性や歴史を兼ね備えた天然石といえるでしょう。 疲れた心に癒しを与え、後ろ向きな気持ちを前向きにしてくれます。インスピレーションを高めてくれます。 不幸を退けるお守りとして身に付けられています。

アメジストに込められた意味

アメジストには、感情を沈めて心に平和を与え、精神の安定をはかる効果があるといわれています。 心が落ち着かないときに身に着けると、気持ちのコンロトールがうまくできるようになります。

実はアメジストにはもう一つ別の効果があります。アメジストは冷静さをあたえてくれるだけでなく、恋愛運を上げてくれます。 恋愛では「真実の愛を守り抜く石」でもあり、アメジストは悪い異性を引き付けないようにしてくれるので、良い出会いや良縁に恵まれます。 またアメジストは、恋人同士なら相手との結びつきを強めます。 持ち主の魅力を外見からも内面からもみがき、それに精神安定もさせてくれるので、二人の関係を円満に保ってくれます。
誕生石TOPページへ戻る